ここから本文です。

現在のページ

手術ロボット ダ・ヴィンチSiの導入について

 北海道大学病院では、平成25年3月に手術支援ロボットダ・ヴィンチSiを導入しました。
手術ロボット ダ・ヴィンチSi
 ダ・ヴィンチSiとは、からだに負担の少ない腹腔鏡下手術を支援する内視鏡下手術支援ロボットです。従来の腹腔鏡下手術では2次元画像を見ながらの手術でしたが、ダ・ヴィンチSiはコンソールボックス内で3次元画像を見ながら最大10倍の拡大視野により操作ができるため、神経の温存や血管の確認・処理がしやすくなりました。さらに、従来の内視鏡鉗子にはできなかった関節の540度回転も可能で、剥離や縫合といった精緻な手術操作も可能です。
 ダ・ヴィンチ手術は開腹手術に比べて傷口が小さいため、出血量が少なく、合併症のリスクが低減します。手術後の回復も早く、入院期間も開腹手術に比べ4~5日短縮されるため,早期の社会復帰が可能となります。


 ダ・ヴィンチSiは、コンソールボックスが2台あり、どちらからも操作が可能なため、専門分野が違う術者が同一症例の手術を共同で執刀したり、執刀医が手術操作を行う一方で研修医が同じ視野で操作を学んだり、研修医が手術操作をする際に指導医が適切に指導・介入したりできるなど、医師の育成,医療技術の向上にも大きく貢献します。
手術ロボット ダ・ヴィンチSi
Q. 北大病院ではいつからダ・ヴィンチによる手術を受けられますか?
A. 泌尿器科において平成25年6月からダ・ヴィンチSiを用いた前立腺全摘除術を実施します。今後は腎がんや膀胱がんに対する手術を高度先進医療として実施する予定です。さらに、婦人科領域、外科領域における手術にも活用されることが期待されます。
 
Q. ダ・ヴィンチ手術は健康保険が適用にならないのでしょうか?
A. 平成24年4月に前立腺がんに対して全摘出術を行う場合に、保険適用となりました。
 医療費例:入院期間10日間
      70歳未満の方(3割負担) 約50万円
      70歳以上の方(一般所得) 44,400円+保険外診療費
 
      高額療養費制度を利用する場合(詳しくはpdf がん患者さんのための医療・福祉制度 活用ガイド~ 医療費・生活費・就労編~ (764.3KB))
      70歳未満の方(3割負担) 80,100円+α+保険外診療費
       ※事前に限度額適用認定証の手続きをしてください。
      70歳以上の方(一般所得) 44,400円+保険外診療費

問い合わせ先

  • 診療に関して:各診療科
  • 医療費に関して:医事課入院係(011-706-6988)
  • 高額医療費制度に関して:医療福祉相談室(011-706-5645)
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしてください。

ここからサブメニュー

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー