ここから本文です。

現在のページ

第48回ふれあいコンサート 七夕の夕べを実施

 北海道大学病院では、8月2日(金)、『第48回ふれあいコンサート 七夕の夕べ』を開催しました。毎年、患者サービス推進委員会が中心となって色々な企画をしていますが、今年もYOSAKOIソーラン演舞や合唱、ボランティアの方々が加わった縁日コーナーと盛りだくさんの内容となりました。
 
 
ヨーヨー釣りをたのしむお子さんたち
ヨーヨー釣りをたのしむお子さんたち
 

 コンサートの開演前から行われる縁日は大変好評で、バルーンアートやちぎり絵などで色とりどりに飾られたコーナーでは、入院中のお子さんが輪投げやヨーヨー釣りをたのしみ、バルーンアートを手に嬉しそうに会場に入っていく姿が見られました。

 寳金清博病院長の挨拶で開幕したコンサートは、北海道大学”縁”がアメニティホールを所せましと言わんばかりに駆け巡り力強く迫力のあるYOSAKOIソーラン演舞を披露し、続いて平岸天神は衣装も目に艶やかに、美しく統制のとれた貫録のある演舞を披露し、いずれ劣らぬYOSAKOIソーラン準大賞の演舞に会場は大いに盛り上がりました。

躍動感のある’縁’の演舞
躍動感のある’縁’の演舞
 
’平岸天神’の艶やかな演舞
’平岸天神’の艶やかな演舞
 
清田高校合唱部の美しいハーモニー
清田高校合唱部の美しいハーモニー
 

 演舞の後には、札幌清田高等学校合唱部のみなさんにより「見上げてごらん夜の星を」「亜麻色の髪の乙女」の2曲がソプラノ、アルト、テナーの調和のとれた美しい歌声で歌いあげられ、YOSAKOIソーランで盛り上がった会場の熱気を、しっとりと心和むおだやかな雰囲気で包み込みました。
 最後に、川畑いづみ看護部長の挨拶で、北海道大学病院の夏の風物詩である「七夕の夕べ」は幕を閉じました。

ここからサブメニュー

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー