ここから本文です。

現在のページ

「第50回ふれあいコンサート クリスマスの夕べ」を実施

開会の挨拶をする寳金病院長
開会の挨拶をする寳金病院長
 

 北海道大学病院では、12月18日(水)、『第50回ふれあいコンサート クリスマスの夕べ』を開催しました。毎年、患者サービス推進委員会が中心となって色々な企画をしていますが、今年も会場のアメニティホールには、電飾が施された高さ3mの特大クリスマスツリーや空気で膨らませたエアサンタが飾られ、見慣れた風景が華やかに彩られました。
 寳金清博病院長の開会の挨拶で開幕し、引き続き札幌・ジュニア・ジャズスクール(SJF)による演奏が行われました。SJFは、小中学生からなるジャズスクールで、道内各所で行われる音楽イベントに出演しています。本院では平成23年から出演しており、患者さんから好評を博していました。今年も「ジングルベル」など定番のクリスマスナンバーに、患者さんの手拍子が加わり、会場全体がジャズの空気で満たされました。
 演奏の合間には、サンタクロースに扮した職員から子ども達へのプレゼントが配られ、また、北海道日本ハムファイターズの監督や選手のサイン入り色紙やサイン入りボールを景品としたお楽しみ抽選会が行われ、当会場からは喜びの声が上がっていました。
 コンサートは川畑いづみ看護部長の挨拶で幕を閉じました。職員らによる手作りのクリスマスコンサートは、訪れた人々の心に暖かな思い出を残したことでしょう。

 
札幌・ジュニア・ジャズスクールの演奏
札幌・ジュニア・ジャズスクールの演奏
クリスマスの装いの子ども達
クリスマスの装いの子ども達

ここからサブメニュー

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー