ここから本文です。

現在のページ

北海道日本ハムファイターズが院内学級の子どもたちと交流

病院長からの質問に答える大野選手会長
病院長からの質問に答える大野選手会長
 

 病気と闘う子供たちを勇気づけるため、北海道日本ハムファイターズの栗山英樹監督と選手による院内学級訪問が、5月22日(木)に行われました。
 院内学級への訪問は今回で8回目を数え、毎年、入院中の子供たちが大変楽しみにしているイベントです。今年は、栗山監督のほか、大野奨太選手会長、佐藤賢治選手、近藤健介選手、大谷翔平選手の5名が来院されました。
 監督と選手は、はじめに寳金清博病院長を訪問し、寳金病院長からは「昨年小児がん拠点病院の指定を受け、小児の入院数も増えています。子どもたちは1年に1度のこの訪問を大変楽しみにしています。」との挨拶がありました。

 
インタビューに答える近藤選手
インタビューに答える近藤選手
 

 次に本院6階の運動療法室で、院内学級の子どもたちとキャッチボールや記念撮影会、子どもたちからのインタビューなどを通して交流を深めました。
 インタビューでは「野球をやっていて良かったことは?」という児童からの質問に、大野選手が「普段は知り合えない人に知り合えたこと。」と、さすが選手会長と思わせる回答をしたかと思うと、「どうして野球選手になろうと思ったか?」という質問に、近藤選手が「気付いた時には野球しかやっておらず、いまさら勉強しても遅いと思った。」と答え、会場を湧かせていました。


 また、キャッチボールでは、小学生は距離を縮めて投球も緩やかに、中学生は屋内運動療法施設の両端に広がり力強いキャッチボールを楽しみました。大谷選手のボールを受けた生徒は「ずっしりと重みのあるボールだった。」と嬉しそうに感想を述べていました。
 サインタイムや撮影タイムで銘々に目当ての選手と交流した後、院内学級を代表して生徒から「頑張って治療をするので、選手の皆さんも優勝に向かって頑張ってください。」とエールが送られ、栗山監督は「僕も選手も元気をもらいました。みなさんに元気、勇気を持ってもらえるように頑張ります。」と答え、監督から子供たちにファイターズグッズのプレゼントが贈られました。
 病室から出られない子供たちについては、小児科病棟に足を運び、監督と選手が病室を1室ずつ回って子供たちを励ましてくれました。小さい子どもは抱っこしてもらったり、一緒に写真を撮ったりと、つかの間の楽しいひと時を過ごしました。

屋内運動施設でキャッチボール
屋内運動施設でキャッチボール
選手と記念撮影
選手と記念撮影

ここからサブメニュー

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー