ここから本文です。

現在のページ

看護週間-「看護の日の夕べ」ほか様々な催しを実施

看護週間-「看護の日の夕べ」ほか様々な催しを実施

 

 毎年5月12日(ナイチンゲール生誕日)は「看護の日」を含む1週間は「看護週間」として制定されています。今年も本院では、看護の重要性について理解を深めようと様々な催しが行われました。
 5月12日(火)にはふれあい看護体験が行われ、札幌市内及び近郊の高校生が看護師とともに、病棟や外来で実際の看護業務を体験しました。
 同日夜には、「第25回看護の日の夕べ」が寳金清博病院長の挨拶で開会し、医学生有志によるアンサンブルコンサートが行われました。誰もが知っているなじみのある曲が演目となっており、最後は、「花は咲く」を会場とともに大合唱し、大変盛り上がりました。「第25回看護の日の夕べ」は、盛況の中、川畑いづみ看護部長の挨拶で幕を閉じました。このミニコンサートの様子は、本院アメニティホールに設置されたライブカメラを通じて、病室の無料チャンネルでテレビ放映されました。
 看護週間である5月11日(月)から15日(金)までの間、1階アメニティホールにて各部署紹介の展示を行い、医科外来ホールで看護・くすり・栄養・歯の衛生・運動療法等の相談コーナーを設置しました。
 看護週間にちなんだ催しは、今年で25回目を数えますが、「看護」という言葉のもつ重さを再認識する貴重な機会として定着しています。

 

 
開会の挨拶をする寳金病院長


医学生有志による演奏


「花は咲く」の合唱


閉会の挨拶をする川畑看護部長


患者様からのメッセージ


アメニティホールでの各部署の紹介展示

 

ここからサブメニュー

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー