ここから本文です。

現在のページ

北大病院が院内レストランとコラボ企画~病院食メニューを一般向けに提供~

北海道大学病院栄養管理部と院内のレストランROYALとのコラボレーション企画により、病院食を一般向けにメニュー化し、9月5日から同レストランでの提供が始まっています。
 

本院栄養管理部では、塩分量や栄養バランスに配慮した病院食の長所を維持しながら、食べやすさ、おいしさにこだわったレシピの開発を進めています。生活習慣病の栄養指導や、入院患者さんの栄養サポートから得られたノウハウを活かした健康レシピの集大成として、昨年8月にレシピ本「北海道大学病院のおいしい健康ごはん」を出版しました。
(同書は、一般の書店や北大インフォメーションセンター「エルムの森」等で発売中です。)

 

同書の出版後、外来患者さんやそのご家族にも病院の食事を知って貰いたいという思いから、本院で院内レストランにおけるメニュー提供を検討していたところ、同書の出版を知ったレストラン側も献立のメニュー化を考えていたことから、このたびのコラボレーション企画にいたりました。当面は「ザンギ定食」「鮭の南蛮漬け定食」「さっぱり牛しゃぶ定食」「切り干しdeナポリタン&鮭のマスタード焼き定食」の4メニューから1献立を週替わりで提供していきます。
税込750円。 当面は20食限定で、平日11時からの提供となります。土日祝は提供しておりません。
 

栄養管理部長の武田宏司教授は「すでに生活習慣病と診断された方はもちろん、予備群と診断されて不安に思っておられる方、あるいは病院食に関心をもっておられる方など多くの方に、ぜひ召し上がっていただきたい」と話しています。

pdf コラボ企画ポスターはこちら(PDF) (1.6MB)


レストラン前にて
(右から2人目:武田栄養管理部長)

  企画メニュー「鮭の南蛮漬け定食」
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしてください。

ここからサブメニュー

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー