ここから本文です。

現在のページ

夕張市市民公開講座を開催しました

 北海道大学病院は12月17日(日),夕張市老人福祉会館において,夕張市市民公開講座「市民のための生活習慣病講座」を開催しました(共催:夕張市,後援:夕張市医師会)。

 本公開講座は,鈴木直道夕張市長,中條俊博夕張市医師会長,寳金清博病院長からの挨拶で開会し,「糖尿病という病気を今一度考えてみる」のテーマで中村昭伸助教(内科II)が,「脳梗塞治療の一大革命~時は脳なり~」のテーマで長内俊也助教(脳神経外科)がそれぞれ講演を行いました。

 本院と夕張市との間では,9月に「住民の健康増進に関する連携協定」を締結しており,その一環として開催した本公開講座でしたが,120名を超える夕張市民に参加いただき盛会のうちに終了しました。

      公開講座後の記念撮影

ここからサブメニュー

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー