ここから本文です。

現在のページ
  • ホームの中の
  • 医療観察法入院病棟(分院)の整備について

医療観察法入院病棟(分院)の整備について

医療観察法の施行からこれまで、北海道内には医療観察法指定入院医療機関が整備されておりませんでした。

 北海道大学病院は、北海道内における医療観察法指定入院医療機関の整備について、厚生労働省北海道厚生局より依頼を受け、また、北海道、北海道医師会、並びに北海道弁護士会連合会からも同様の要望を受けて検討した結果、この度、当該施設(医療観察法入院病棟)を北海道大学病院の分院として、札幌市東区の札幌刑務所敷地内に整備することを決定いたしました。

医療観察法入院病棟(分院)の概要については、pdf こちら (301.0KB)をご覧願います。


10月1日、記者会見で分院の概要を説明する寳金病院長

右から)
北海道大学病院精神科神経科教授  久住 一郎
北海道医師会長          長瀬  清
厚生労働省北海道厚生局長     田中 一成
北海道大学病院長         寳金 清博
北海道保健福祉部長        佐藤  敏
北海道弁護士会連合会理事長    大川 哲也

Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしてください。

ここからフッターメニュー