ここから本文です。

現在のページ

ウルトラマンゼロが北大病院小児科病棟の子どもたちと交流!

 4月25日(木)、ウルトラマンゼロが北大病院の小児科病棟を訪問し、入院中の子どもたちとふれ合いました。

子どもたちには、当日まで「ヒーローに会えるよ」とだけ伝えたサプライズ企画でしたが、小児科病棟内のプレイルームには、多くの子どもたちが集まりました。

司会者のお姉さんとの呼びかけにより颯爽と登場したウルトラマンゼロに、子どもたちは驚いた様子でしたが、「ウルトラじゃんけん」や手遊びを一緒に行うにつれ、笑顔に変わっていきました。

ウルトラマンゼロとの記念撮影では、ウルトラヒーローファンの男の子が「シュワッチ!」のかけ声とともにポーズを決めるなど、その様子を見ていた多くの親御さんからも嬉しそうな歓声があがっていました。

子どもたちやご家族にとって、ウルトラマンゼロから勇気と元気をもらった特別な1日になりました。
 

今回の訪問を実現してくださった「ウルトラマン基金」は、東日本大震災発生後に、被災地支援のため2011年3月に設立され、2015年からは児童養護施設や子ども医療施設への支援活動も行っています。
 

 ウルトラセブンを父に持つウルトラマンゼロ    みんなでウルトラじゃんけん!
 笑顔でポーズを決めての記念撮影         ウルトラマン基金ファミリーの一員に!

©円谷プロ

ここからサブメニュー

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー