TOP > 肝疾患相談センターについて > 肝疾患相談センターの役割
センター長ご挨拶

肝疾患相談センターの役割

肝疾患相談センターは、肝疾患診療連携拠点病院の中に設置が定められているものです。肝疾患診療連携拠点病院は、下図に示すように、肝疾患専門医療機関、かかりつけ医などと医療の連携を図り、北海道の肝疾患診療ネットワークの中心的役割を担っています。

その中で、患者さん、キャリア、ご家族からの相談を受け、さらに、肝炎に関する情報の収集、道民あるいは医療従事者に対する情報提供を行うために、肝疾患相談センターが設置されました。

当センターでは、「肝疾患に関するご相談」をお受けしております。患者さん、ご家族の不安や疑問などに対して、電話で直接相談をして頂くことができますのでご利用下さい。


北海道のホームページ「肝疾患診療連携体制 (肝疾患診療ネットワーク)」の図より


拡大画像を閉じるには、写真そのものや枠外をクリックするか、写真右上に表示される[]ボタンをクリックして下さい。写真左上の[]ボタンをクリックすると、マウスのホイールを使って画像を拡大・縮小できます。