TOP > 一般のみなさまへ
一般のみなさまへ

肝臓病講演会のご案内

一般のみなさま向け肝臓病教室情報を更新いたしました。

詳細はこちらから



肝疾患について

肝臓病には様々な原因がありますが、その中で最も多い病気が、B型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスによるウイルス性肝炎です。ウイルス性肝炎の一部では肝硬変への進行や、肝癌の合併を認めることがあります。

本院では、ウイルス性肝炎、肝硬変、肝癌に対して、内科・外科・放射線科・臓器移植医療部が、それぞれに適切な検査、最新の治療を行っております。また、新しい治療に対して、保険適応を獲得する前の段階である臨床試験(治験)が行われることもあります。

それぞれの病気の検査・治療に関して、本院では「肝臓病教室」を通して患者さん、ご家族に情報を提供しております。また、それぞれの病気や最新情報については、国立国際医療センターの肝炎情報センターによるホームページにもまとめられていますので、ご参照下さい。

肝疾患について

独立行政法人国立国際医療研究センター 肝炎情報センター

「患者さん・一般の方へ」のコーナーより

検査・治療助成金等について

肝炎ウイルス検査の無料実施について

道立保健所では、これまでB型及びC型の肝炎ウイルス検査を有料で実施していましたが、感染者の早期発見・早期治療につなげるため、感染の可能性が疑われる方等を対象として、無料で実施しています。詳細は下記ホームページをご確認下さい。

検査結果が陽性と判定された方は、初回精密検査費の助成が受けられる場合があります。詳細につきましては下記ホームページをご確認下さい。

ウイルス性肝炎の医療費助成に関すること

道では、ウイルス性肝炎に係る医療費の助成を行っています。詳細は下記ホームページをご確認下さい。