ここから本文です。

現在のページ

PET/CT・RI検査について

PET/CT・RI検査について

PET/CT・RI検査申込み方法

  • PET/CT・RI検査申込みは、申込書に必要事項を記入の上、FAXでお送りください。検査日程が決まりましたら、紹介医療機関宛にFAXでお知らせします。そのうち、【患者さん用(1)~(3)】については、事前に患者さんにお渡ししてください。
  • 検査当日は、核医学診療科受診手続きが必要になります。負荷心筋血流SPECT検査のみ核医学診療科と循環器内科の受診手続きが必要です。(手続きは事前にしています)
  • 検査結果は、診療情報提供書(検査結果)と画像(CD-R)で紹介医療機関に送らせていただきます。CD-Rの返却は必要ありませんが、個人情報が含まれておりますので取り扱いに充分ご留意ください。
  • PET/CT検査に伴うCT撮影は、当分の間ダイナミック撮影、造影撮影は行わず、吸収補正・重ね合わせのためのプレーン撮影のみとさせていただきます。
pdf PET/CT・RI検査申込み方法 (8.6KB)
pdf PET/CT検査予約申込書 (437.6KB)
pdf RI検査予約申込書 (125.5KB)

FDGを用いたPET/CT検査の保険適用要件表

疾患名 要件
てんかん 難治性部分てんかんで、外科切除が必要とされる患者さん
虚血性心疾患 虚血性心疾患による心不全で、心筋組織のバイアビリティ診断が必要とされる患者さん
但し、通常の心筋血流シンチグラフィで判断困難な場合に限る
心臓サルコイドーシス サルコイドーシスにおける炎症部位の診断が必要とされる患者さん
悪性腫瘍
(早期胃癌を除く悪性リンパ腫含む)
他の検査、画像診断により病期診断、転医、再発の診断が確定できない患者さん
pdf FDGを用いたPET/CT検査の保険適用要件表 (71.1KB)

 

PET/CT検査の説明

検査の方法とその特徴

18F-FDG-PET/CT検査

18F-FDG-PET/CT検査はグルコースによく似た放射性医薬品を注射し、ブドウ糖代謝の盛んな腫瘍あるいは脳に取り込まれた状態を画像化し、がんなどの診断をする検査です。
検査は18F-FDG注射後約1時間安静にしていただき、薬が充分に目的とする部位に集積するのを待ってから撮影が始まります。撮影は細長いベッドに横になっているだけの検査です。
撮影時間は20分~40分ほどかかります。場合によっては30分後に追加撮影を行うことがあります。
この検査には前処置として絶食が必要です。詳細はPET/CT検査の前処置をご参照ください。

放射線による影響

通常のPET/CT検査では、検査を受ける人に、放射線による影響はほとんどないと考えられていますが、ご心配の場合は、主治医や核医学医にご相談ください。
pdf PET/CT検査の説明 (48.9KB)
 

18F-FDG-PET/CT検査の前処置

1.飲食制限

  • 原則として検査6時間前より絶飲食とします。
  • アメ、ガムなども食べないように注意してください。
  • 水道水お茶は飲んでかまいません。(ただし市販のものは糖分が入っていないか充分に注意してください)
A) 11時00分~14時00分に注射の方は
  • 当日朝起きたときより絶飲食
B) 14時00分~15時30分に注射の方は
  • 検査当日は軽い朝食可(8時00分までに済ませる) 以後絶飲食
C) 15時30分以降に注射の方は
  • 検査当日の朝食は普通に摂取可 以後絶飲食

2.検査当日の激しい運動は控えてください。

3.検査の際は、金属を使用した服の着用を避けてください。

pdf 18F-FDG-PET/CT検査の前処置 (8.3KB)
 

RI検査についての説明

RI検査は特定の臓器に集積する放射性医薬品を静注(経口投与、皮下注の場合もあり)し、その薬が充分に目的とする臓器に集積するのを待ってから撮影します。待ち時間は検査の内容により大きく異なります。検査は細長いベッドに横になっているだけです。検査時間は検査内容によっても異なりますが、およそ20分から40分程度のものが大半です。 また、一回の検査で時間を置いて複数回の撮影が行われる場合もあります。
pdf RI検査についての説明 (65.9KB)

主なRI検査の内容

検査名 前処置 検査方
骨シンチ 撮影直前に排尿していただきます。
  • 注射後3時間以上あとに撮影します。
  • 検査はベッドに寝ているだけです。
  • 撮影時間は約30分です。
安静心筋血流SPECT 特にありません。
  • 静脈注射をします。
  • 注射後30~60分後に撮影します。
  • 両手を頭の上にバンザイした状態で撮影します。
  • 撮影時間は約20分です。
心筋(MIBG)SPECT (交感神経)
* 甲状腺ブロック:ルゴール液5滴 位をコップ1杯の水に溶かし検査 日の2~3日前から検査終了まで1日1杯飲用します。
  • 静脈注射をします。
  • 注射後15分から一回目の撮影を行います。
  • 撮影は両手をバンザイした状態で行います。
  • 撮影時間は約20分です。
  • 最初の注射後4時間後に二回目の撮影があります。
  • 一回目の撮影と同様に撮影します
心筋(BMIPP)SPECT (脂肪酸代謝)
* 甲状腺ブロック:ルゴール液5滴 位をコップ1杯の水に溶かし検査 日の2~3日前から検査終了まで1日1杯飲用します。
  • 静脈注射をします。
  • 注射後20分から撮影を行います。
  • 撮影は両手をバンザイした状態で行います。
  • 撮影時間は約30分です。
ガリウム(Ga)シンチ 注射後検査まで便秘にならないようにしてください。
  • 静脈注射をします。
  • 注射後2~3日後に撮影します。
  • 検査はベッドに寝ているだけです。
  • 撮影時間は約40分です。
脳血流(ECD定性)SPECT 特にありません。
  • 光が目に入らないようにアイマスクをして静脈注射をします。
  • 注射後5分後から撮影します。
  • 撮影時は頭をテープで固定します。
  • 撮影はベッドで横になっているだけです。
  • 撮影時間は約20分です。
肝(GSA) シンチ
  • 午前中に検査の場合は当日朝食を摂らないでください。
  • 午後に検査の場合は昼食を摂らないでください。
  • 検査ベッドに横になり、注射と同時に30分間の撮影を行います。
  • その後、両手をバンザイした状態で20分間の撮影を行います。
  • 最後に正面、側面の2回の撮影を10分間行います。
甲状腺(テクネシウム)シンチ 特にありません
  • 静脈注射をします。
  • 注射後15分から撮影します。
  • 検査はベッドに横になっているだけです。
  • 撮影時間は10分です。
甲状腺(タリウム)シンチ 特にありません
  • 静脈注射をします。
  • 注射後15分から一回目の撮影をします。
  • 検査はベッドに横になっているだけです。
  • 撮影時間は10分です。
  • 最初の注射後2時間後に二回目の撮影があります。
  • 一回目の撮影と同様に撮影します。
pdf 主なRI検査の内容 (65.9KB)
 
関連ページ
予約について
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしてください。

ここからフッターメニュー