口腔外科

当科では、口腔顎顔面領域の炎症・外傷・腫瘍(悪性ならびに良性)・嚢胞・粘膜疾患・唾液腺疾患・顎関節疾患・顎変形症・口蓋裂などの診療を行っています。

とくに、悪性腫瘍・顎変形症・口蓋裂は専門の診療グループが担当し、他の診療科とも協力してチームアプローチによる治療を行っています。また、基礎疾患のある患者さんの抜歯や埋伏歯の抜歯をはじめ、歯の移植・再植術、インプラント手術なども行っています。

概要

診療体制

10名の口腔外科専門医が中心となり、年間約2,300名の外来の新患、約600名の入院患者の治療に当たっています。口蓋裂、顎変形症、悪性腫瘍は専門の診療グループが担当します。

治療方針

患者の皆様に安心・安全な医療を提供するため、十分な説明を行い、皆様が納得して治療をうけていただけるよう心がけています。また、疾患を総合的に診断治療するため他の診療科とも協力して診療を進めています。

診療分野

口腔顎顔面外科(いわゆる口腔外科)全般

診療時間

初診:月曜日~金曜日の偶数日(奇数日は口腔内科が担当します)
初診受付:午前8時30分~午前12時(予約制)
再診:月曜日~金曜日
再診受付:午前8時30分~午後4時(予約制)
休診日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始

※お問い合わせ
第三診療室 電話:011-706-4349、4352、4386(午前9時~午後5時まで)
予約受付専用電話番号:011-706-7733(午前9時〜午後4時まで)

口腔外科の診察を希望される場合には、初診が偶数日となるように予約をおとりください。
原則として初診日には抜歯などの外科的処置は行いませんので、ご了承ください。
緊急性のある症状(出血など)は随時対応いたします。

担当医師

職名 氏名 専門分野 所属学会・指導医・認定医など
科長(教授) 鄭 漢忠 口腔腫瘍、
嚥下リハビリテーション
口腔外科学会指導医・専門医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
(歯科口腔外科)
日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士
准教授 大廣 洋一 口腔腫瘍、インプラント 日本口腔外科学会指導医・専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
(歯科口腔外科)
国際口腔顎顔面外科専門医
高次口腔医療センター准教授
(診療教授)
三古谷 忠 口蓋裂 日本口腔外科学会指導医・専門医
外来医長(助教) 栗林 和代 口腔癌
摂食嚥下リハビリテーション
口腔外科学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定
(歯科口腔外科)
病棟医長(助教) 松下 和裕 顎変形症 日本口腔外科学会指導医・専門医
国際口腔顎顔面外科専門医
日本顎関節症学会暫定指導医
講師 足利 雄一 口腔癌、口腔腫瘍 日本口腔外科学会指導医・専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
(歯科口腔外科)
口腔総合治療部
講師
高師 則行 口腔外科全般 日本口腔外科学会指導医・専門医

上記の他

日本口腔外科学会専門医3名
日本口腔インプラント学会専門医1名
日本がん治療認定医機構がん治療認定医(歯科口腔外科)1名
国際口腔顎顔面外科専門医1名

主な検査・設備

検査

  • 超音波検査
  • ビデオ嚥下造影検査
  • 関節鏡検査
  • 歯科用金属パッチテスト
  • カンジダを含む口腔内細菌検査
  • 鼻咽腔内視鏡検査(NBIシステム)

設備

(第3診療室、外来手術センターとして)

  • 口腔外科診察ユニット 8台
  • 歯科診療ユニット 8台
  • 外来手術ユニット 8台

診療実績

区分 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
外来新患 1,956名 1,688名 1,566名 1,974名
入院 644名 464名 475名 451名

手術部手術症例

区分 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
全手術症例数 285例 238例 259例 250例
顎変形症 70例 78例 88例 72例
悪性腫瘍 36例 35例 45例 47例
顎骨腫瘍・嚢胞 78例 59例 39例 58例
口唇・口蓋裂 38例 30例 30例 20例
補綴前手術 17例 9例 8例 4例
外傷 4例 3例 5例 6例

歯科診療センター(歯科麻酔科外来)手術症例

区分 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
全身麻酔手術・静脈麻酔手術 476例 229例 343例 368例