ここから本文です。

現在のページ

病院長からのご挨拶


 北海道大学病院長  寳金 清博
 HOUKIN Kiyohiro, Director of Hokkaido University Hospital
 

病院長からのご挨拶

 北海道大学病院のホームページをご覧いただきありがとうございます。
 すでに平成25年4月1日より3年間、病院長の任を拝命して参りました。この平成28年4月1日より、さらに3年間の病院長職を拝命いたしましたので、改めてご挨拶させて戴きます。

 北海道大学病院は、4年後に設立100年の節目を迎えます。この間、地域の人々の要請と社会の変化に応じて、多様な医療を提供してきました。しかし、設立以来、一貫して、一人ひとりの患者さんの治療に全力を尽くすこと、「全ては患者さんのために」の精神が原点であることに変わりありません。ご存知のように、今後、日本社会は、急激な少子高齢化という「不都合な真実」に対応しなければなりません。言うまでもなく、その中心的役割は、医療が担っております。この転換期が簡単なものでないことは容易に想像されます。ただ、「全ては患者さんのために」と言う価値観は、どんな時代でも変わらない本院の全ての職員が共有する思いです。

 加えて、本院は、北海道大学という教育・研究機関の主要な一員です。そこに求められるものは、丁寧な日常診療に加えて、 
 1.高度医療の提供と新治療法の開発
 2.難病治療などの最後の砦としての機能
など、地域や社会、あるいは、国・世界からの高度な要請に対応できる人材・設備そして体制です。これまでの日本の優れた医療提供制度を維持しつつ、さらに、患者さん一人一人に合わせた個別化した最先端の治療を提供する体制を整えつつあります。

 さらに、教育機関として、将来の医療を支える"人"を育成する役割があります。初期臨床研修医や新しい専門医制度に基づいた医師の育成の中心的役割を期待されており、すでに組織体制の強化に着手しております。また、全ての医療人の育成において、これまで以上に高度な教育機関としての役割を担うことになります。このいずれもが、患者さん、皆様のご協力なしには、成り立たないものです。この点も、よろしく御理解とご協力をお願い申し上げます。

 今後の3年間、そして、その先も、大胆かつ細心に、何よりも、北海道大学病院に対する患者さんの期待、社会の期待、国の期待に応えるために、病院職員、心を一つにして前進いたします。
 

Greetings from Director

 Founded in 1921 as a local medical center and the first university hospital in Hokkaido, the Hokkaido University Hospital (HUH) will be entering its second century in a few years. Ever since the early days of its existence, HUH has continued to provide state-of-the-art medical care to our community while training competent and humanitarian young physicians. These important social responsibilities remain indispensable roles that our society and the University demand of us.
 

 Recently, following our growth as a clinical research hub, HUH has been appointed by the national government as a Core Clinical Research Hospital. Consequently, we have an additional responsibility to foster this growing center into a vigorous and sustainable one. As success in medical innovation requires thoroughgoing search for candidate discoveries combined with systemic personnel management and development, we are fortunate to be supported by the faculty of the Hokkaido University with one of the preeminent medical schools in Japan. With novel research leading to many promising seeds, it is our duty to successfully bring to the world the fruits of these medical innovations from Hokkaido.
 

 I am confident that the next hundred years of HUH will see the beginning of a transformation into a hybrid hospital with novel medical treatments and clinical trials closer to the forefront. At the same time, however, it is important that our patients and our community recognize that we are continuing to build upon what our predecessors have developed. Our dedication remains in delivering high quality patient-oriented health care services, with additional advanced treatments and technologies for patients who may need them. I believe our hospitality as well as our top-quality medical care will continue to bring added value to the lives of people around the world.

ここからフッターメニュー