北大病院新型コロナウイルス安全安心基金
の活用状況

北大病院 新型コロナウイルス安全安心基金

北大病院新型コロナウイルス安全安心基金の活用状況について(2021年3月26日現在)

2020年 7月 16日に本基金を設置して以来、皆様から多大なご支援を頂戴しており、心より感謝申し上げます。
( 1月末現在: 59件 4,746,000円 )

お寄せいただいた寄附金は、院内各所への消毒液の設置や医療従事者が使用するマスクやガウン等の防護具などに活用させていただいております。消毒液やマスクの値上がりが続く中、皆様からのご支援により十分な量の感染対策用品を準備することができました。重ねて御礼申し上げます。

新型コロナウイルス感染症は未だ収束が見通せず、今後も状況に応じて様々な対策が求められていくことが予想されます。新型コロナウイルス感染症対策へのご寄附は、引き続き北大病院新型コロナウイルス安全安心基金においてご支援を賜りたいと存じますので、よろしくお願い申し上げます。

これまでの本基金の活用状況と、今後の活用予定は以下のとおりです。


1.院内各所への消毒液の設置

消毒液の写真 ご自由にお使いくださいと書かれた紙と消毒液

2.医療者用の個人防護具(マスクやガウン等)

実際の新型コロナウイルス感染症患者さんの診療の様子
手術者用ファン付防護具着用時の様子
(手術を受ける患者さんが新型コロナウイルス感染症への感染が疑われる場合に使用)

3.外来診療スペースへの紫外線殺菌機の導入